(C) akira chikazawa

Blog

少し前の話。

前に書いた内容を備忘録ということで
----------

仕事で自前のカメラを使っているんですが、
ある日カメラがエラーコードを吐き出しました。

どうもセルフクリーニングセンサーユニットの問題??

以前、プロの方に助けて頂いてサーキットのプロメンテナンスに見て頂いた事はあったのですが、センサーユニットは初めてのパターンでした。

しかも全日本最終戦の前・・・。

どうしようか悩んでいる時、これまたプロの方に
技術的に素晴らしい会社という事を伺い、CANON専門プロショップ PDA GALLOPさんを紹介頂きました。

http://www.pda-gallop.com/

まず、”プロカメラマン専門メンテナンスショップです”とWEBトップページに書かれてたので
受けてもらえるかどうかの相談からスタート(笑)

幸い受けて頂く事が出来ました。

取り急ぎカメラを送り、状況を確認頂いたのですがセンサーに関しては偶然出ただけとの判断で特に触らず。
しかし、フランジバックが公差外だった事が判明・・・

色々丁寧にご説明頂き、メンテナンスをお願い致しました。

結果、サーキットでの撮れ高大幅UP!!
以前悩んでいた事が一気に解決してしまいました。

今思えば、カメラの前オーナーが大事に使っていた事は分かっていて
純正チューニングに出した事は確認しているのですが、そこから私がメンテナンスに出していなかったので何処からのタイミングから性能を使いきれてなかったんだと思います。

今思い返せば、置き取りはピンが甘く感じていましたが手動で合わせる様になってから全く気にしてなかったですし、動的な写真はセッティングで何とかならないかジタバタしてました。

それが、帰ってきたカメラでは全て解決(笑)
ワンショット目から違いを体験できました。
全部自分のせいです・・・。

正直、カメラへ対してメンテナンスの概念が薄かったですね。

完全に壊れていた訳では無いので見逃していました。
普段チューニング関係の会社に居るのに。
そして基準点の見直しを改めて感じました。

カメラ返却時に頂いたカルテも丁寧に書かれていて凄く分かりやすい。
貯金して、今度はフルメンテをお願いしたいですね。

来月は、また大きなレースがあるので腕を上げないといけない事もありますが、カメラのメンテナンスにも気を廻さないといけないなぁと思っている
今日この頃です。

-----
株式会社PDA GALLOP
http://www.pda-gallop.com/

1111.jpg
ZERO